東京 生活 車 必要か

東京で生活するのに車は必要?

今回は、東京で暮らしていくのには車が必要なのかを書いていきたいと思います。

皆さんもご存じの通り、東京は交通機関がとても発達している地域です。なので、どうしても車を持たなくてもいいと思いますし、無理に車を買う必要はないようです。

そして出身が東京の人は、必ずしも車が必要ではないということがわかるのでいいと思いますが、地方から東京に出てきた人は、「車が必要かも」と思うかもしれませんが、東京は車以外の交通機関がとても発達しているので、車がなくても十分に生活できますし、不便に感じるということもないようです。

地方に住んでいる人ならわかると思いますが、どこかに買い物に行く時は、ほとんどが車で行くともいます。ですが東京では徒歩や自転車、バスや電車が豊富なので、わざわざ車を使う必要はないようですし、逆に車で行くと、駐車場がない所だと、駐車場を探さなくてはいけませんし、駐車代もかかってしまいます。そして駐車場があったとしても、車を止められる数が少ないので、駐車場を探すだけでも難しいようです。 また車で出かけるとかえって不便になるということも多いようで、わざわざ自分から不便なことを選ぶ必要はないかなと思います。

車以外の交通機関を使えば行ける所が多いので、そのような場所に車で行ってしまえば、不便に感じるのは当たり前なので、あらかじめ行先に駐車場があるのかなどを把握しておくと、いざ行った時に困ることはないと思います。

また新しい家具などを買った時に、自分の力では持って帰ることが出来ないので、車があった方が便利なのではと思うかもしれませんが、現在は、お持ち帰り用に車を貸し出しているお店が増えたので、車を持っていなくても大丈夫です。そして車を借りることが出来るので安心して大きい物でも買うことが出来るのです。他にも配達をしてくれる所もあるので、それを利用してもいいと思います。

また大学生や専門学生などのアパートで暮らしているような人なら、車があって駐車場を借りなくてはいけない時に、毎月駐車場代を払わなくてはいけませんし、安い所もあるかもしれませんが、高いと月に1万くらい払う可能性もあります。毎月1万も払うことを考えると、生活していくうえでキツイと感じませんか? 逆に1万を払う必要がなければ、他のことにその1万を使うことも出来ますし、貯金することも出来ると思います。

あなた自身が生活していくうえで、車が必要なのか、そして交通機関で十分に生活できるのかで変わってくると思いますが、交通機関だけで十分に生活できるのであれば、わざわざ高い車を買わずに生活すれば、維持費などがかからなくていいと思います。車を持っている人なら知っていますが、車の維持費って結構かかるので、大変ですよね。維持費があるとないとじゃ比べものになりません。

また、あまり車を使わないのに、もっていても維持費がかかるだけでもったいないので、自分がどのように生活していくのかを考えてみましょう。 実際に車を持っていたけど、「あまり使わないから」と言って車を手放したという人もいるようです。 中には、免許を持っていないという人もいるくらいなので、本当にどうしても必要なものではないんだなと感じました。

地方に住んでいたら、免許を取らないと生活していくうえでとても不便ですから、免許を取らないという人は、ほとんどいないと思います。

あたしの母親は埼玉県出身で、現在は新潟県に住んでいますが、埼玉県に住んで生活していいた時は免許を取らず、交通機関を使って生活していたようです。 また交通機関を使用して生活していたけど、車がなくて不便に感じることはまったくなかったようです。

ですが、結婚するために新潟県に来た時に、車の免許がないと生活していくうえで不便と思い、新潟県に来てから免許を取ったと聞きました。このように地方にいると、免許がないと買い物に行くだけでも不便になってしまうのです。

東京の仕事によっては、免許が必要な所ももちろんあるので、車を買わなくても免許だけは、取っておいた方がいいのではないかと思います。そしてそういった仕事をする時は、仕事の車を使うので、自分の車は必要ないでしょう。

車が「いるかな」「いらないかな」をすごく悩んでしまうという人は、まずは車なしで生活してみて、必要なようであれば、それから車を持つようにしてもいいと思います。

ほとんどは、車なしで生活していけると思うので、初めから車を持つようにするのは控えたほうがいいかもしれませんね。 もし車を買ってから「やっぱりいらなかった」となって、車を手放すことになると、高くは売れませんし、その分のお金を捨てているのと同じなのです。

手放すようなことになるのであれば、初めから車を買わない方がお金が無駄になる事はありませんよね。なので、本当に自分に車が必要なのかをしっかりと考えてみましょう。